本文へ

MMS研究会 会員ログイン

路面調査業務におけるMMS利活用提案

道路ストック総点検(舗装)へのMMS利用

2012年笹子トンネル事故を受けて、社会インフラ老朽化の深刻な事態が浮き彫りにまり、第二次安倍内閣補正予算の一部として6300億円が計上されました。
これに伴い、全国の自治体から「道路ストック総点検」業務が発注され、その内の舗装調査では、従来使用されていた路面性状車だけでなく、MMSでも実施可能な仕様となっています。

道路ストック総点検業務でのMMS利活用スキーム

scheem


MMSオルソによるひび割れ率算出

1.MMS-オルソジェネレータによる路線オルソの作成

romencyousa01

2.WingNeo INFINITYによる集計作業

romencyousa02

MMS点群横断プロファイルによるわだち掘れ率算出

線形抽出の為の基礎データ抽出

MMS-TRACERを用いて両外側線をトレース(5mピッチ)→DXF出力
romencyousa03

座標をCSV出力し、WingNeo INFINITYに取り込み、要素法で線形作成

romencyousa04

WingNeo INFINITYで縦横断切出し
romencyousa08

3D点群編集ツールで、簡易オルソ出力
romencyousa05

横断現況点を出力し、アイサン専用ツールでわだち掘れ率算出
romencyousa06
算出したものをCADに表現しました。

MMS点群横断プロファイルによる縦断凹凸(IRI)算出

romencyousa07